×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハケンの品格とは(高視聴率番組)

「ハケンの品格」(はけんのひんかく)は、2007年1月10日から同年3月14日まで、毎週水曜日22:00〜22:54(初回は22:00〜23:09、最終回は22:00〜23:04)に日本テレビ系列で放映されていた篠原涼子主演の連続テレビドラマです。全10話。平均視聴率20.1%。あらすじは、ハケン社員として特Aランクの評価を受ける大前春子(篠原涼子)が3ヶ月契約で、丸ノ内にある食品会社「S&F」の営業事業部マーケティング課に雇われることになる。社内の人間関係に追われつつも、与えられたノルマを淡々とこなし、相手構わず言いたいことを言うまくる。契約した事以外はしないため、配属部署以外の部署の業務の手伝いなどは一切しない。たとえ役職者であっても直属の上司でなければ命令には従わない。休日出勤もしない。残業も一切しない。そんな彼女に周囲は振り回されつつも、徐々に認め始める。

ハケン品格(高視聴率番組):登場人物:大前春子 - 篠原涼子

ハケン企業「ハケンライフ」の特Aランクのスーパー派遣社員である。時給は3000円の超高価(マグロ解体ショーの件で、更に3500円に昇格する)。ハケンとして最初は時給600円のスーパーマーケットのレジ打ちから始めたが、その素早く正確な仕事ぶりから、ハケン先からの厚い信頼を得ることとなり、特Aランクとなった経歴を持つ。大型自動二輪車限定解除免許から『核燃料取扱主任者』まで、超難関の資格を26個以上も持っており、履歴書の該当欄に書ききれない逸話を持つ。今までに明らかになってる資格は、「クレーン運転士」、「油圧ショベル」、「ロシア語会話」、「昇降機検査」、「助産師」、「剣道四段」、「普通自動車第一種免許」、「大型自動車第一種免許」、「犬訓練士」、「看護師」、「食品衛生管理者」、「調理師」、「ふぐ調理師」、「理容師」、「エステティシャン」、「初生雛鑑別師」、「危険物取扱者」、「核燃料取扱主任者」、「あん摩マッサージ指圧師」、青いファイルに資格証・認定証・免許証を全てファイリングしている。選挙のウグイス嬢の経験も3度あり、全ての代議士が当選した逸話を持つ。資格ではないが速読術やスカイダイビング、地震予知能力まで見せる。だが自動車修理の知識が無かったり、絵を描くことがきわめて苦手などの不得意分野もある。

ハケン品格(高視聴率番組):登場人物:大前春子2 - 篠原涼子

3か月働くと3か月間旅に出る風来坊のような生活をしている。ハケン就業中は母親の親友である眉子が営んでいる「カンタンテ」の屋根裏に居候している。退勤後は「カンタンテ」の舞台で、いつもフラメンコを踊っている。 誕生日は1973年2月14日。両親をはやくに亡くしている。自分のことは絶対に他人には話さず、携帯電話の番号も教えないなど、殆ど関わり合いを持たない非常に無愛想で謎めいた女性である。一匹狼的な気質が染み付いており、たとえ相手が上司であっても歯に衣着せぬ発言で自分の意見を言う。そのため、東海林ら正社員の多くから反感を買う事になる。ただし、正社員との勝負事にわざと負けて面目を保たせるといった、ハケン先と余計な摩擦を起こさない配慮もできる人物である。また他人の能力を客観的に分析し、よいところを見つける公平な眼力も併せ持つ。口癖は「〜ですがそれが何か?」また失敗した場合は「私としたことが…」である。携帯電話の留守応答メッセージも「大前春子です。出ません。」の一言である。

Copyright © 2007 ハケンの品格の視聴率